お金を借りる

グレーゾーン金利

消費者金融は、かつてはグレーゾーン金利と呼ばれる金利でお金を貸していました。これは、出資法には違反していないけれど、利息制限法には反する金利です。

具体的には、利息制限法は上限金利20%で、出資法は29.2%となっていました。つまり消費者金融は、29.2%で貸していたのです。しかし、平成22年に、出資法の上限金利が20パーセントまで引き下げられたことで、その差は解消されました。

そして、かつてのグレーゾーン金利による貸し付けも、過払い金として返還請求できるとの判例が確立しているので、一時期消費者金融各社は、利益を大きく落とすこととなりました。しかし現在では、各消費者金融とも法令を守って営業しているため、この過払い問題もいずれはなくなります。

低金利

消費者金融が扱っている業務は、キャッシングやローンを通じて、利用者にお金を貸すことです。かつては支払い能力以上のお金を貸していましたが、現在では年収の3分の2を超える分の貸し付けは法令で禁止されているため、キャッシングやローンを組む際の審査も、シビアになりつつあります。

そこで、業界では再編が進んでいます。消費者金融大手は、銀行の傘下に入り、銀行のキャッシングやローン審査を代行することが多くなりました。

そのため、自己の名前での貸し付けと、銀行のサービス名での貸し付けの両方を業務としています。イメージは銀行の方が良いので、そちらでの業績が伸びているのが現状です。

copyright©2015 消費者金融でお金を借りるための手続き all rights reserved.