お金を借りる

保証人について

お金を借りる時は必ず保証人が必要だと思っている人もいるかもしれません。しかし現在、消費者金融でキャッシングやカードローンを利用する時に、保証人を要求されることは基本的にありません。保証人を立てなければ貸せないような相手には融資を断るのが普通です。

保証人になってくれる人がいないから、消費者金融でキャッシングもカードローンも利用できない、と思っているならそれは間違いです。しかし稀に保証人を立てることを条件に融資する、という回答がくることがあります。信用情報に問題がある人などは融資そのものを断られますが、それ以外のほんのわずかな問題がある人です。

例えばちゃんとした会社に勤めていて何も問題はないが、勤続年数が短い、というような場合です。他には30万円なら貸せるが50万円なら保証人を立てることが条件、というような回答がくることがあります。

金融

もしも保証人を要求された時は、よく考えて決断しなければなりません。借金の保証人になってくれる人は身内くらいしかいませんが、身内だから迷惑をかけても良い、ということにはなりません。保証人には単なる保証人と、連帯保証人があります。連帯保証人は、債務者と連帯して返済の義務を負う大変重い責任を持つ人です。

保証人であれば、自身がきちんと返済をしている限り、保証人に請求されることはありません。しかし連帯保証人の場合、債権者は契約者、連帯保証人のどちらにでも請求できます。

もしも消費者金融でキャッシングやカードローンを申し込んで、連帯保証人を要求されたなら、本人はまったく信用されていないということです。借りるのは考え直したほうがよろしいでしょう。

copyright©2015 消費者金融でお金を借りるための手続き all rights reserved.